その他

仏壇供養の依頼の仕方5選!閉眼供養についても詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏壇を破棄するときに、どのようにすれば良いのかわかりますか?ただゴミとして出すのはNGです。きちんと供養をしてから破棄する必要があります。そこで、この記事では供養の依頼の方法や必要な費用。自分でゴミとして出す方法についても紹介します。是非参考にして、大切な故人に感謝の気持ちを伝えましょう。

仏壇は閉眼供養をする

閉眼供養がどんな意味があるか分からない方も多いと思います。ここからは閉眼供養とは?とタイミング、依頼先について紹介します。

閉眼供養とは?

仏壇には故人の魂が入っています。その魂を抜いてあの世に返してあげることを、閉眼供養といいます。閉眼供養は省いてはいけません。閉眼供養をせずに、仏壇を移動させてしまうと故人の魂がこの世さまよってしまいます。大切なご先祖様の居場所をなくさないためにも大切です。

閉眼供養のタイミングと依頼先

閉眼供養は、基本的には仏壇を破棄するときに行います。例えば引越し先で置くスペースが無くなったときや、壊してしまって買い直すときなどです。破棄または、買い替えのときには必ず閉眼供養を行います。

依頼先は基本的にお寺です。家の中か依頼先のお寺の中で閉眼供養をしてもらいます。しかし、中には近所にお寺が無い場合も。そんなときは、以下の場所に依頼しましょう。

  • 仏具店
  • 不用品回収業者
  • 遺品整理業者

詳しい依頼方法は以下で紹介します。

仏壇の開眼供養ができる場所5選

ここからは仏壇の閉眼供養ができる場所5つ紹介します。お寺以外にも頼める場所があるので、自分の予定や事情に合わせて依頼する場所を見つけてみましょう。

お寺に依頼する

まずはお寺に依頼する方法です。近くに仏壇供養をしてくれるお寺がある場合には以下の方法で依頼してみてください。

  1. 電話または、インターネットから申し込む
  2. キレイにする
  3. 当日持ち込む
  4. 魂抜きをした後、お焚き上げしてもらう

24時間受け付けているお寺もあれば、時間や時期を限定して受け付けているお寺もあります。場所によってさまざまなので、事前に確認してから依頼するようにしましょう。

また、お寺によっては郵送でも受け付けているところがあります。郵送の場合も持ち込む前までの手順は一緒です。ダンボールに詰めて宅配便で送るようにしましょう。そのときにサイズは測り間違えないようにしてください。間違えてしまった場合送り返されることがあります。

仏具店に依頼する

仏具店に破棄を依頼する方法もあります。仏壇の買い替えをしたい場合におすすめの方法です。

  1. 新しい仏壇を購入する
  2. 仏壇の引き取りを依頼する
  3. 当日引き取ってもらう
  4. 新しい仏壇を搬入してもらう

仏具店に依頼すると、破棄する仏具の搬出からやってもらえる利点があります。忙しい方や、一人暮らしで搬出ができない方には嬉しいポイントです。ただし、破棄のみの対応をしている仏具店は少ないです。見つかるまで探さなければ行けないので、破棄のみしてもらいたい場合には別の方法を検討してみましょう。

不用品回収業者に依頼する

意外に思うかも知れませんが、現代では不用品回収業者に回収を依頼することができます。ほかにも破棄してもらいたい不用品がある場合にはとてもおすすめです。

  1. 電話で問い合わせする
  2. 見積もりをもらう
  3. 契約する
  4. 当日引き取ってもらう
  5. 料金を支払う

不用品回収業者に依頼する場合は、遺品整理士の資格を持っていて閉眼供養をしてもらえるか確認しましょう。資格が無いところに依頼してしまうと、適当に破棄されてしまいご先祖様に失礼な思いをさせてしまいます。

また、料金の見積もりは2〜3社に頼むのがベストです。見比べることで、それぞれの会社の良い面・悪い面が出てくるので、より納得して依頼することができます。

遺品整理業者に依頼する

遺品整理業者でも仏壇を破棄してもらうことができます。故人のものもあり自分ではどうにもできない方におすすめです。

  1. 遺品整理業者に問い合わせをする
  2. 見積もりをもらう
  3. 契約する
  4. 当日回収してもらう
  5. 料金を支払う

遺品整理業者に依頼するときも、閉眼供養・お焚き上げに対応しているか。遺品整理士の資格は持っているのか。事前に確認しておきましょう。業者で閉眼供養を対応できなくても、お坊さんを手配してくれることもあります。

基本的に選び方は不用品回収業者と同じです。2〜3社見積もりをもらって総合的に見て信頼できるところにお願いしましょう。また、費用が安すぎるところは注意してください。低価格で油断させて、後々高額請求されるパターンであることが多いです。

宅配でお焚き上げができる業者に依頼する

宅配でお焚き上げできる業者もあります。破棄したいものを送るだけなので、簡単に依頼できるのが利点です。

  1. 閉眼供養をお寺でしてもらう
  2. キットを購入する
  3. 詰める
  4. 宅配便で送る
  5. お焚き上げしてもらう
  6. 完了報告書を送付してもらう

宅配お焚きあげは閉眼供養はおこなっていません。そのため、自分でお寺に依頼して魂を抜いてもらってから宅配お焚きあげにお願いするようにしましょう。

おすすめの宅配お焚き上げは「あんしんお焚き上げ」です。お焚き上げの実績が非常に多く、安心して依頼できます。また、大切なものを手放す方々の気持ちに寄り添って対応してくれるので、どんな疑問にも真摯に対応してくれます。

仏壇を供養してもらうときに必要な費用

仏壇を供養してもらうときに必要な費用の相場を紹介します。依頼したい場所が予算に合っているか確かめてみてください。

  • お寺:40,000円程度(お布施込み)
  • 仏具店:20,000〜80,000円程度
  • 不用品回収業者:5,000〜10,000円程度
  • 遺品整理業者:25,000円程度
  • 宅配お焚き上げ:15,000円〜程度

仏具店に依頼する場合には、上記の値段にプラスして、運搬費がかかることがあるので注意しましょう。不用品回収業者と遺品整理業者に依頼する場合には、閉眼供養料とお焚き上げ料が別で掛かってきます。相場は20,000〜30,000円くらいです。

上記の宅配お焚き上げの値段は3辺合わせて170cmだったときの仏壇のサイズの値段です。もしも、それ以上大きい仏壇を依頼する場合には、相談してみましょう。

粗大ゴミとして破棄することもできる

どうしても破棄にお金をかけたくない場合には、自治体に依頼して粗大ゴミとして破棄する方法もあります。

  1. お寺で閉眼供養をしてもらう
  2. 自治体に電話・インターネットで申し込む
  3. 粗大ごみ処理券を購入する
  4. 仏壇に貼る
  5. 収集日当日に家の前に出す

自治体で供養はしてくれません。必ずお寺に魂抜きをお願いしましょう。自治体の中には仏壇をそのままの形で回収してくれないことがあります。その時は自分で解体する必要があります。

仏壇を出すときは、前日の夜から出すのはやめましょう。夜に大きな音がすると、近所迷惑になり、トラブルになってしまうこともあります。必ず収集日当日の朝に運び出しするようにしてください。

仏壇の開眼供養は破棄と一緒にやってくれるところに依頼しよう!

今回は、仏壇の閉眼供養について紹介しました。閉眼供養をせずに、仏壇を破棄してしまうと大切なご先祖様の居場所が無くなってしまいます。きちっとした手順を踏んで破棄してください。

また、破棄の依頼先がうまく決められない方は、今回紹介した5選と費用を参考にしながら決めてみてくださいね。もしも、費用を抑えて破棄したい場合は、自治体の粗大ごみ回収の利用を検討してみましょう。回収には条件があるので、不明点は問い合わせをしてから依頼しましょう。この記事を参考に、不要になった仏壇を片付けてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加