神社取材

藤基神社インタビュー記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あんしんお焚き上げでは全国の魅力的な神社を紹介すべく、各神社にインタビューを行っています。

今回は、新潟県村上市にある藤基神社にお話を伺いました。

藤基神社の御由緒

神社の歴史

当社は、越後國村上藩の藩主内藤家の初代『内藤信成侯』をお祀りしている神社です。

譜代大名であった内藤家は、江戸時代中期に城主の子供たち6人が相次いで亡くなるという未曽有の不幸に襲われます。

そこで武勇で名をとどろかせた先祖信成を神として祀ることで度重なる不幸を払い除けようと、1717年(享保2年)に江戸で創建され、今から約170年前に現在地である国元の村上城内へ遷座されました。

御祭神について

徳川家康の弟で戦国武将の内藤信成侯をお祀りしています。

信成侯は家康の側近として活躍した戦国武将で、あの織田信長からも賞賛されるほどの猛将。

死後およそ100年後に、子孫繁栄と家運長久の神として祀られるようになりました。

御神徳、ご利益について

創建の由緒から安産や子育て、家庭の繁栄にご利益があるとされ、多くのご家族の方々からお参りいただいています。

また御祭神が勇猛な武将であったことに加え、神社が城主居館の裏鬼門に建てられていることから、開運・勝運の神様としても信仰されています。

藤基神社について

境内の見どころについて

かつての村上城内に神社が建てられているため、境内地全域が国指定史跡「村上城跡」に指定されているほか、荘厳精緻な社殿彫刻は特に見事で、社殿一式は村上市の文化財にも指定されています。

社殿にはたくさんの聖獣たちが隠れていますので、どんな生き物がいるか探してみてください。

また、桜の時期には大変多くの方々でにぎわっています。

お守りや御朱印などについて

当社の神紋「下がり藤」をモチーフにした「藤絵馬」が人気です。

藤はどんな障害も突破するとても生命力の強い植物ですから、藤絵馬で困難な願いごとも成就するようご祈願ください。

藤基神社の御朱印のほかに、当社が国指定史跡「村上城跡」に指定されていることから村上城の「ご城印」も頒布しています。

当社にお参りのあとは、ぜひお城の遺構も散策してみてください。

行事について

毎年5月15日の例大祭では江戸時代から変わらず、参道いっぱいに雪洞をかざりロウソクの灯りで照らします。

また、鮭のまちとして有名な新潟県村上市らしく、鮭の日である11月11日には鮭の供養と感謝をする「鮭魂祭」をおこないます。

地域社会との繋がり

普段から地域の皆さまとの関わりは深く、当社でお習字や編み物クラブの展示発表、夏越の神事では、町内の子ども会の皆さまにも参加していただいています。

また、地域のおじいちゃんおばあちゃんで構成される「藤基神社おついたちの会」の皆さまには、境内掃除や節分などの行事をお手伝いいただいています。

今後もっと参拝に来てほしい人はどのような人でしょうか?

村上市内の方はもちろんのこと、市外や県外から新潟県村上市に観光に来られた方にもお参りに来ていただきたいです。

お焚き上げでご対応可能な品目についてお聞かせください。また、お焚き上げで悩んでいる方へのアドバイスをお願いいたします。

お守り、お札、正月飾り、絵馬、破魔矢、神棚、人形など幅広く対応しています。

ご相談いただければ、できる限り対応させていただきます。

読者へのメッセージをお願いいたします。

当社では、お預かりしました古札などは、心を込めて神事を斎行し、忌火によりお焚き上げしております。

お焚き上げによる煙に乗って、御霊(みたま)は天へお帰りになります。

今までお守りいただいたお札やお守り、思い入れのある人形などは感謝の気持ちをもって、お焚き上げをご依頼ください。

藤基神社の基本情報

住所

新潟県村上市三之町11-12

公式HP

http://fujimotojinja.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加