日本人形

人形の処分の仕方を解説!供養は必要?郵送で処分する方法も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガラス入り日本人形

雛人形や五月人形、リカちゃん人形やフィギュアなど、子どもが大きくなって使わなくなったので処分したいけれど、どのように処分したらいいかわからず困っていませんか?

そのまま捨てていいのか、供養したほうがいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、人形の処分の仕方や、供養するかどうかの判断の基準を解説します。

人形を処分するとき供養は必要?

人形といっても雛人形や五月人形のような伝統的な日本人形から、リカちゃん人形やフィギュアなどのおもちゃの人形までいろいろありますよね。日本では古くから「人の形をしたものには魂が宿る」といわれていますが、すべての人形を供養したほうがいいのでしょうか?

結論からいうと、雛人形や五月人形のように「子どもの災厄を引き受ける」意味のある人形はしっかりと供養したほうがいいでしょう。長年大切にしていた人形、故人の遺品の人形なども供養してからお別れをしたほうが気持ちがスッキリするのでおすすめです。

人形の供養の方法といえば神社やお寺に持ち込んでお願いする方法が一般的なイメージですが、自分で簡易的に供養する方法や、郵送で供養を依頼する方法などもあります。

人形を処分する方法

ここからは、人形を処分する方法をご紹介します。ごみとして処分する方法やほかの人に売る方法、寺社などで供養してもらう方法などがあるので、自分が納得して手放せる方法を選びましょう。

家庭ごみとして処分する

人形は家庭ごみとして処分することが可能です。可燃ごみか不燃ごみかは、住んでいる自治体や、人形の素材によっても異なるので確認しましょう。

リカちゃん人形くらいの小さな人形なら、ごみ袋に入れてごみ集積場に出すだけでOKというところが多いようです。五月人形などの大きいサイズの人形は粗大ごみになることもあります。

ごみとして処分することに抵抗を感じる方は、ごみ袋に入れる前に自分で供養をしましょう。手順は以下のとおりです。

  1. 人形の汚れやほこりを取り除く
  2. きれいな白い布、白い紙などで人形を包む
  3. 包んだ人形を塩で清める
  4. 感謝の気持ちを込めてごみ袋に入れる

家庭ごみと一緒にするのではなく、人形のみを袋に入れてごみ収集に出しましょう。簡易的ではありますが、最もお金をかけずに人形供養をする方法です。

不用品回収業者に依頼する

「大量の人形が溜まっていて一度に処分するのが難しい」「重くて持ち運ぶのが難しい」という場合には不用品回収業者に引き取りに来てもらうという方法もあります。不用品回収業者の中には供養を代行してくれる業者もあるようです。

希望日を指定して家に来てもらえば、家から出ることなく、ごみの回収日やルールなども気にすることなく簡単に処分できます。ガラスケースや飾り台、金属の付属品などもすべてまとめて引き取ってもらえることが多いのでラクです。ただし、出張費や供養代などでコストは高くつきます。

業者によって金額に幅があり、中には高額請求してくる悪徳業者などもあるので、面倒でも数社の見積もりを取って価格を比較したほうがいいでしょう。

リサイクルショップに売る

新しくて状態の良い人形や、希少性が高い人形の場合には、リサイクルショップに買い取ってもらえる可能性もあります。

ただし、雛人形や五月人形の場合、中古で買う人はあまり多くないので、よほど貴重なものでない限り値がつかないことが多いようです。コレクターズアイテムやアンティークなどの価値の高い人形は高値が付くかもしれません。

リサイクルショップの中には、リサイクルする前に人形供養を代行してくれるところもあります。「人形を処分したくない」「誰か必要としている人に役立ててほしい」という方におすすめの方法です。

寄付をする

「人形を捨てたくないけれど、リサイクルショップに買い取ってもらえるような人形ではない」という場合には寄付をしてみてはいかがでしょうか。福祉施設や支援団体、学校など、地域の施設で人形を必要としているところがあるかもしれません。

郵送で寄付を受け付けている業者もあります。供養料や配送費など有料の場合が多いようですが、福祉施設や被災地域、海外の貧困地域などで再利用してもらえます。

フリマやオークションで売る

希少性が高い人形の場合、リサイクルショップに持ち込むよりも、フリマアプリやオークションで売ったほうが高値が付く可能性が高いです。取引の相場は、同じ人形が過去にいくらくらいで売れているか調べてみるとわかります。

ただしこの方法は、写真撮影や出品作業、相手との連絡や発送準備など、かなりの手間と時間がかかります。今すぐ人形を手放したいと思っている方には向かないでしょう。

神社やお寺で供養してもらう

「人形を捨てたり売ったりするのではなく、きちんと供養して手放したい」という方は、神社やお寺に持ち込んで供養してもらいましょう。すべての寺社で人形供養を受け付けているとは限らないので、前もって確認が必要です。

供養にかかる目安は、ダンボール1箱3千円くらいから。ガラスケースや付属品などは受け付けてもらえないことが多いので、取り外して自分で処理する必要があります。

お経をあげて供養をしたあとは、お焚き上げをするところと、産業廃棄物として処分するところがあるので気になるようであれば聞いてみたほうがいいかもしれません。近所に人形供養を受け付けている寺社がなければ、郵送で受け付けている寺社を利用するという手もあります。

葬祭場やセレモニーホールで供養してもらう

葬祭場やセレモニーホールでも人形供養を受け付けている場合があります。近所に神社やお寺がなければ、葬祭場やセレモニーホールを調べてみましょう。供養料は寺社と同じくダンボール1箱3千円くらいからが目安です。

葬祭場やセレモニーホールでは、ある程度人形が溜まってからまとめて供養し、産業廃棄物として処分する場合が多いようです。ガラスケースや付属品などは受け付けてもらえないことが多いでしょう。

お焚き上げ業者に依頼する

ここまで人形の処分の方法をご紹介してきましたが、「結構面倒だな…」と感じた方も多いのではないでしょうか。人形供養を行っている神社を調べたり、直接連絡を取ったりと、どの方法も手間がかかります。

「忙しくて時間が取れないので、できるだけラクな方法で処分したい」という方には、郵送で簡単に手続きができるお焚き上げ業者の利用がおすすめです。あんしんお焚き上げでは、オンラインで申し込んで、ダンボールに人形を詰めて送るだけで、簡単に手続きが完了します。

人形を産業廃棄物として処分する業者が多いなか、火で燃やしてお焚き上げしてもらえるのも魅力のひとつ。お焚き上げには「モノに宿る魂に感謝を込めて天に送る」という意味があります。雛人形や五月人形、愛着のある大切な人形は、お焚き上げで処分するのがおすすめです。

あんしんお焚き上げでは、神主が丁寧にお祓いし魂を供養、感謝を込めて浄火で天に返します。お焚き上げが完了したら完了報告もしてもらえるので安心です。

納得できる方法で人形を処分しよう

人形はごみとして処分することができますが、雛人形や五月人形、長く大切にしていた人形などは供養してから処分するのがおすすめです。希少性が高く状態の良い人形であればリサイクルショップやフリマで売るという方法もあります。

しかし、時間も手間もかかるため、「なるべく簡単に、今すぐ人形を処分したい」という方は、郵送で手続きが完了するお焚き上げ業者を利用してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加