五月人形

五月人形は供養するべき?適切な処分方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
五月人形 兜

五月人形を処分したくても、そのままごみとして捨ててしまうことに抵抗があるという方がほとんどです。
日本では、人形には魂が宿っており処分する前にその魂を供養する必要があると昔から言われています。

そこで今回は、不要になった五月人形を供養して正しく処分する方法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

五月人形は供養した後ならゴミとして処分できる

五月人形 処分

五月人形をごみとして捨てても問題はないのだろうかと疑問に思ってる方は多いでしょう。
基本的に自治体のルールに沿っていれば通常通り五月人形もごみとして処分することができます。

自治体の粗大ごみルールを検索したい方はこちら

五月人形でも大きくて重いものは、粗大ごみとして捨てなければいけません。人形を分解して捨てる場合は、指定のゴミ袋に入れてそのまま処分することが可能です。

ただし、想いのこもった五月人形をそのままごみとして捨てることはやめておきましょう。五月人形を捨てる前に神社やお寺で供養をして人形に込められている魂を抜いてから処分してください。
人形の供養を手厚く行っている寺社は日本全国に数多くあります。事前に人形供養ができるかどうか、ホームページや電話で寺社に確認することをおすすめします。

あんしんお焚き上げ」は人形供養の実績が多く、安心してお願いできる神社と提携しています。
サイズ毎の一律料金で五月人形や兜、甲冑の供養と処分をお願いすることが可能です。

五月人形の供養費用は神社やお寺によって異なる

五月人形 供養費用

五月人形の供養料は一律で供養料を取るところもあれば、特に供養料が決まってないところ、無料のところとお願いする寺社によって様々です。
供養料が指定されていない場合は、直接寺社に問い合わせしましょう。サイズにもよりますが、3,000円~15,000円くらいの金額を包むことが多いようです。

あくまで気持ちで包むものなので、自身の判断で金額を決めても問題ありません。自身の判断をもとに常識の範囲内でお金を包んでお渡しすると良いでしょう。

五月人形は供養してから処分しましょう

今回は、五月人形の供養について解説しました。
五月人形を供養することで人形に込められている魂を天に返すことが出来ます。供養せずに処分をしてしまい、そのまま捨てちゃったけど大丈夫かな…と後悔しないようにしましょう。

五月人形のより詳しい処分方法についてはこちら
五月人形の処分方法は?適切な処分方法3つご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加