五月人形

五月人形の処分はどうしたらいい?タイミングや供養の方法まで徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供が成長して飾らなくなった五月人形をどうしたらいいのか悩んでいませんか?

場所をとるので処分したいけれど、捨てるのは抵抗があってなかなか決断できないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、五月人形の処分のタイミングや処分の方法について解説します。五月人形の処分に困っている方は参考にしてください。

五月人形の処分のタイミングは?

五月人形は何歳まで飾るという明確な決まりはありませんが、「生まれた赤ちゃんに元気に成長してほしい」と願って飾る人形なので、成人する20歳くらいまでは飾るのが理想です。

子供が独立して家を出ていくと飾らなくなる家庭も多いようですが、そうなると「もう飾っていない人形をいつまで保管するべきか」という疑問が出てきます。

「収納の中で場所を取って困っている」「引っ越すので持ち物を少なくしたい」という場合は処分を検討してもいいのではないでしょうか。ただし、その際は役目を終えた五月人形に感謝を伝えるためにも、供養して手放すのがおすすめです。

五月人形を子どもに受け継ぐのはNG

五月人形は高価なので、子どもや孫に代々受け継ぎたいと考える方もいるかもしれませんが、五月人形は受け継がないのがしきたりです。

雛人形もそうですが、五月人形は生まれた赤ちゃんの災厄を身代わりになって引き受けてくれる役割があるので、子供が生まれるたびに1人1体準備するものなのです。「孫が生まれるまで取っておこう」と考える必要はありません。

そうするとその家に男の子が生まれるたびに五月人形が増えていくことになります。先祖代々の五月人形を並べて飾れたら理想的ですが、現実的には収納スペースなどの関係ですべて残しておくのは難しいのではないでしょうか。

飾らなくなったときや保管しておけなくなったときには手放すことを考えるのも選択肢のひとつです。

五月人形の処分の仕方

では実際に五月人形の処分の仕方について解説します。ごみとして処分する方法やリサイクルに出す方法、寺社で供養してもらう方法などさまざまあるので、どの方法なら納得して処分できるか考えてみてください。

家庭ごみとして処分する

五月人形は家庭ごみとして処分することができます。人形本体は可燃ごみとして出せる自治体が多いようですが、ガラスケースや金属パーツなどは分解して不燃ごみとして出す必要があります。

サイズの大きいものは粗大ごみになるケースもあるので、住んでいる自治体のゴミ出しのルールを確認しましょう。

不用品回収業者に引き取ってももらう

数が多かったり、サイズが大きかったりしてごみに出すのが大変な場合や、ガラスケースやパーツを分別するのが面倒という場合には、不用品回収業者に引き取ってもらう方法もあります。

指定した日に来てもらえば、ごみの日やごみのルールなど関係なく、ガラスケースや付属品などもまとめて引き取ってもらえます。自分で処分するよりコストは高くついてしまいますが、急ぎで処分したいときなどにはおすすめです。

リサイクルショップで引き取ってもらう

ブランドものや有名作家ものの五月人形など、希少価値が高ければリサイクルショップで買い取ってもらえることもあります。捨てるのはもったいないので、誰かに再利用してもらいたいという方は、一度査定してもらうのもいいでしょう。

ただし、先にご紹介した通り、五月人形は受け継いでいくものではなく、中古で購入する人は少ないので、一般的な五月人形は売れない可能性が高いでしょう。

フリマアプリやオークションで売る

希少価値の高い五月人形ならフリマアプリやインターネットオークションに出してみるのもひとつの方法です。リサイクルショップと同じく、一般的な五月人形は売れない可能性が高いですが、貴重な人形の場合リサイクルショップよりも高値が付く可能性があります。

ただし、出品手続きやメッセージのやりとり、発送の手配など手間はかなり多く、処分するまでに時間がかかるのが難点です。

五月人形の供養の仕方

ここまで五月人形の処分方法をご紹介してきましたが、ものとして捨てたり売ったりすることに抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。

子どもの災厄を代わりに引き受けてくれる人形なので、「処分したら何か祟りがあるのでは?」と不安に感じる方も多いかもしれません。そんなときには供養をして感謝の気持ちを伝えてから処分しましょう。

処分する前に自分で供養する方法

お金をかけずに供養したいという場合、自分で簡易的に供養する方法があります。手順は以下のとおりです。

  1. 五月人形の汚れを拭き取る
  2. 白い紙や布で人形を包む
  3. 塩で清める
  4. 感謝の気持ちを込めて袋に入れる

家庭ごみとして処分する場合や、フリマで売る場合などはこの方法で供養してから手放すといいでしょう。

神社やお寺で供養してもらう

人形供養の最もポピュラーな方法は、神社やお寺に持ち込んで供養してもらう方法です。どの寺社でも人形を受け付けているわけではないので、事前に電話で確認しておきましょう。

供養料の目安はダンボール1箱分で3千円くらいです。中には1体500円から受け付けているところもあるようです。

ガラスケースや付属品は引き取ってもらえないことが多いので、分解して自分で処分しましょう。寺社での人形供養は、お経をあげて供養したあと、お焚き上げをするところと、産業廃棄物として処分するところがあります。

葬祭場やセレモニーホールで供養してもらう

近所に人形供養を行っている神社やお寺がなければ、葬祭場やセレモニーホールを探してみましょう。ダンボール1箱3千円くらいの金額で人形供養を受け付けているところもあります。寺社と同じく、ガラスケースや付属品は分解して自分で処分し、人形だけを持ち込みます。

人形供養祭で供養してもらう

神社やお寺、葬祭場や自治体主催で開催される人形供養祭に参加する方法もあります。

埼玉の岩槻人形供養祭などが有名ですが、年1回決められた日に人形やぬいぐるみを集めて合同で人形供養を行います。通年で人形を受け付けているところもあれば、人形供養祭の直前に受付をするところもあるので事前に確認しましょう。

供養料の目安はダンボール1箱分で3千円くらいです。

お焚き上げ業者に供養を依頼する

人形の供養の方法をご紹介してきましたが、「面倒だな」と感じた方も多いのではないでしょうか。忙しくてなかなか調べている時間がない、持っていく暇がないという方は、郵送で人形供養を依頼できるサービスを活用しましょう。

五月人形をごみとして処分するのではなくお焚き上げして供養したいという方には、あんしんお焚き上げがおすすめです。

神主が丁寧にお祓いし魂を供養、感謝を込めて浄火で天に返します。何月何日にお焚き上げが完了したか報告もしてもらえるので安心です。ダンボールに五月人形を詰めて、宅配業者に集荷に来てもらえば、家から出ることなく手続きが完了するので手間も時間もかかりません。

感謝の気持ちを込めてしっかり供養しよう

五月人形はごみとして処分することもできますが、子どもの災厄を身代わりになって引き受けてくれた人形なので、感謝の気持ちを伝えて丁寧に供養するのがおすすめです。

神社やお寺で供養するのが最もポピュラーな方法ですが、近くの寺社を調べたり持ち込んだりする手間が面倒な方、できるだけラクに人形を供養したいという方は、郵送で手続きが完了するあんしんお焚き上げを利用してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加