その他

ご祝儀袋をお焚き上げできる場所5つ!かわいいリメイク術も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは結婚式などで貰ったご祝儀はどうしていますか?処分の方法が分からずそのままにしている方もいるのではないでしょうか。迷っている方におすすめの処分方法がお焚き上げです。感謝の気持ちを伝えながら処分できます。この記事では、お焚き上げできる場所やどうしても捨てられない人のためにリメイク方法も合わせて紹介します。

ご祝儀袋を貰った後の使い道は?

ご祝儀袋の使いみちは主に2つあります。どちらかの方法で処分してあげるようにしましょう。

再利用する

貰ったご祝儀袋は、また再利用するという方法があります。再利用はリメイクしてあげる方もいれば、内袋と短冊を変えて結婚式などの祝いの席に呼ばれたときに使う方もいます。

再利用は原則やっても構いません。幸せを分け与えるという意味合いが込められているからです。しかし、貰った人に返してしまうのは失礼に当たるので、誰から貰ったのかをよく覚えておくようにしてください。中には使いまわし自体NGと考える方もいます。状況によって使い分けましょう。

お焚き上げして処分する

お焚き上げをして処分する方法もあります。お焚き上げには、炎で燃やすことで魂を天に返してあげる効果があります。ご縁に感謝しながら処分できる方法なので、お焚き上げを選ぶ方が多くいます。

ただし、お焚き上げするときには、個人情報の取り扱いには注意しましょう。個人情報の処理が甘いと、悪用されてしまうことがあります。住所・名前のところはマッキーや個人情報保護シールを使ったりして隠した後、お焚き上げしてください。

ご祝儀袋をお焚き上げしてくれる場所

ここからは気持ちよくご祝儀袋を手放せる方法を5つ紹介します。自分が依頼しやすい方法を選んでみてください。

神社やお寺に依頼する

神社やお寺では、お経を上げてから、お焚き上げしてもらえます。信頼できる神主様やお坊さんにきちんとお焚き上げしてもらいたい方にはおすすめの手段です。

  1. ご祝儀袋の個人情報を消す
  2. お焚き上げしてもらえるか電話で問い合わせする
  3. 引渡し日当日に持っていく
  4. 供養料を支払う

個人情報は必ず消してから依頼するようにしましょう。神社やお寺はどこでも引き受けてくれるわけではありません。必ず事前に確認してからお焚き上げをお願いするようにしてください。

依頼したい神社やお寺が遠方だった場合、郵送も受け付けてくれることがあります。郵送の場合も受け付けてくれるか確認の後、銀行で料金を振り込んでから送るようにしましょう。その際、振り込み手数料や送料は依頼した側で支払うようにしてください。

どんど焼きに持っていく

どんど焼きはお経をあげるわけではないですが、火の力で供養するのでお焚き上げと同じ効果を得ることができます。

  1. 個人情報を消す
  2. どんど焼きの会場に持っていく
  3. 担当者に引き渡す
  4. 燃やしてもらう

どんど焼きは無料で、ご祝儀袋の魂を供養できるのがメリットです。しかし、1月15日に時期が限定されており、地域によっては開催されていないことがデメリットとしてあげられます。

どんど焼きに出せるのは燃えるところだけです。そのため、飾りや水引きは事前に取ってから持っていくようにしましょう。燃えないものが付いていると引取りを拒否されることもあります。

燃えるゴミとして処分する

お家で自分で供養して処分することができます。手軽にできるので、感謝の気持ちを自分で伝えたい方はこちらの方法を試してみてください。

  1. 部屋をキレイにする
  2. 個人情報を消す
  3. ご祝儀袋を分別する
  4. 白い布を広げ、ご祝儀袋を置く
  5. 塩を3回振る
  6. 白い布で包む
  7. 燃えるゴミとして捨てる

ご祝儀袋には不燃物の部分もあります。この供養方法は燃えるゴミにしか適用できないので、事前に分解して対応しましょう。不燃物の方は塩を振って、今までの感謝の気持ちを伝えて捨てれば大丈夫です。

部屋をキレイにすることは一見意味が無いことのように感じますが、実は意味があります。部屋をキレイにすることで、生活空間だった場所が一気に神聖な空間になるので、供養により適したものに。面倒かもしれませんが、キレイにしてあげましょう。

自宅でお焚き上げする

安全さえ確保できれば、自宅でお焚き上げすることも可能です。自分でお焚き上げしたい場合には以下の手順でやってみてください。

  1. 燃えない部分を取り除く
  2. 外に3畳くらいのスペースを用意する
  3. 白い紙と塩でご祝儀袋を包む
  4. 金属ケースにご祝儀袋を入れる
  5. 白い紙に火を付けて4に入れる
  6. 燃えきるまで見守る
  7. 燃えカスは燃えるゴミに捨てる

外に3畳くらいの場所を確保しましょう。3畳以上確保できない場合は安全におこなうことが難しいので、お焚き上げをしないようにしてください。また、小さいお子さんやペットがいる場合には、近づかないようにさせておきましょう。

アパートやマンション、集合住宅の場合は煙が近所に行ってしまい、迷惑がかかることがあります。ご近所さんに許可を取るか、お焚き上げを行わないようにしてください。

宅配でお焚き上げができる業者に依頼する

自分でお焚き上げするのに不安があって、やりたくないと考えている方には宅配でお焚き上げできる業者に依頼するのがおすすめです。

  1. キットを購入する
  2. 個人情報を消す
  3. 箱に詰める
  4. ポストに投函する
  5. お焚き上げしてもらう

依頼者側がおこなうのは、キットを購入して送るだけ。とても簡単です。また、申込みはネットで完結してしまうので、思い立ったときにいつでもお願いすることができます。忙しくて、お焚き上げに時間を割けない方にピッタリです。

自信を持っておすすめできる宅配お焚き上げ業者は「あんしんお焚きあげ」です。きめ細かいサービスと低価格を実現。依頼者は感謝の気持ちを伝えることに集中できます。

ご祝儀袋はリメイクもできる

ご祝儀袋はリメイクして、再利用してあげることも。可愛くリメイクしてあげれば、渡した方もきっと喜びます。以下では、ご祝儀袋をリメイクする方法について解説します。

箸袋にリメイクする

まずは箸袋にリメイクしてみましょう。祝の席にあるだけで食卓がかなり華やかになりますよ。

  1. ご祝儀袋から水引を取り外す
  2. 中表を広げて真ん中で2つ折りにする
  3. 折った線を目安にハサミで切る
  4. 箸が入る形になるように折る
  5. 下の部分を裏側に折って箸が落ちないようにする
  6. 水引を切ってテープで止める

箸の下の部分は降りっぱなしだと、浮いてしまうので、マスキングテープで止めたりすると、おしゃれになります。箸袋が長すぎてしまう場合には、ハサミで切って対応しましょう。

封筒にリメイクする

封筒として使うこともできます。写真や手紙、ポチ袋として利用できるので、作っておくと便利です。

  1. ご祝儀袋から水引を取り外す
  2. 上下の中に折っている部分を切る
  3. 入れたいものに合わせてサイズを調整する
  4. 袋状になるようにのりで貼り付ける

入れたいもののサイズに合わせて切るときに、入れたい物のサイズぴったりに切ってしまうとのりを塗る部分が作れなくなってしまいます。のりしろを含んだサイズで調整するようにしてください。

ご祝儀袋はお焚き上げして、感謝の気持ちを伝えよう!

今回はご祝儀袋のお焚き上げについて解説していきました。ご祝儀袋の処分方法はお焚き上げ以外にも再利用があります。リメイク方法も紹介したので、ただ捨てるのは気が引ける方は、リメイクしてあげるのもいいでしょう。

ただ、多く選ばれている処分方法はお焚き上げです。感謝の気持ちを最大限に伝えられる処分方法だからです。お焚き上げを検討している方は、今回お伝えしたお焚き上げの方法を参考にしながら処分してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加