雛人形

雛人形の供養は必要?処分のタイミングや正しい供養の方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嫁いだ娘の雛人形、親や祖母の雛人形など、飾らなくなった雛人形の置き場所に困っていませんか?「雛人形って処分してもいいの?」「どうやって供養したらいい?」など、わからないことも多いですよね。この記事では雛人形の処分のタイミングや正しい供養の方法について解説します。雛人形の供養について悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

雛人形はいつ処分する?

雛人形には「何歳まで飾らなければいけない」という決まりは特にありませんが、生まれた子どもの厄災を引き受ける意味のある人形なので、一般的には子どもが成人するまでは飾ることが多いようです。基本的に1人に1対購入するもので、子どもに受け継ぐものではありません。

そうなると、女の子が生まれるたびに雛人形は増えていくことになります。先祖代々の雛人形を並べて飾るのもいいものですが、収納スペースの関係で複数の雛人形を保管するのは難しいというのが現実ではないでしょうか。

飾らなくなった雛人形は手放すことも選択肢のひとつです。「処分すると祟りがあるのでは?」と不安に思う方もいるかもしれませんが心配する必要はありません。きちんと供養し、役目を終えた雛人形に感謝の気持ちを伝えてお別れしましょう。

雛人形を処分するとき供養は必要?

人形は基本的には家庭ごみとして処分することができます。しかし、日本では古くから「人の形をしたものには魂が宿る」といわれていて、ごみとして捨てることに抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。雛人形のように災厄を引き受ける役割を果たしてくれた人形は、ただの「物」として処分するのではなく、しっかり供養してから手放しましょう

人形の供養は、お経をあげて人形から魂を抜き、残った人形を処分するという方法が一般的です。人形本体の処分はお焚き上げをしたり、産業廃棄物として処分したりする方法があります。

雛人形を供養する方法

では実際に雛人形を供養する方法をご紹介します。

神社やお寺で供養してもらう

雛人形の供養の方法として最もポピュラーなのは、神社やお寺に持ち込んで供養してもらう方法です。すべての寺社が人形供養を受け付けているわけではないので事前に確認が必要ですが、全国に受け付けている神社やお寺があるので調べてみましょう。通年で受け付けている場合と、年に数回、年に1回というように日にちが決まっている場合があるので注意が必要です。

寺社によって「供養料〇円」と明確に定めているところもあれば、「お気持ちで」としているところもありますが、大体ダンボールひと箱3000円くらいからが目安です。段飾りの雛人形など数が多い場合には金額がもっと高くなることもあります。ガラスケースや飾り台、金属の装飾品などは引き取ってもらえない場合が多いので、自分で家庭ごみとして処分し、人形のみ持ち込むようにしましょう。

寺社の人形供養といえばお焚き上げのイメージがありますが、環境へ配慮して、読経したあと産業廃棄物として処分するところも多くなっています。気になるようであればその点も確認しておいたほうがいいかもしれません。近所の寺社まで持ち運ぶのが難しければ、郵送で人形を受け付けている神社やお寺を利用するという方法もあります。

葬祭場やセレモニーホールで供養してもらう

あまり知られていませんが、葬祭場やセレモニーホールでも雛人形の供養を受け付けているところがあります。近くに人形供養を行っている寺社がなければ、近くの葬祭場を調べてみるのもおすすめです。

葬祭場やセレモニーホールでは、ある程度人形の数が溜まったらまとめて供養を行うのが一般的で、お焚き上げではなく産業廃棄物として処分するところが多いようです。寺社での供養と同じく、ガラスケースや飾り台、装飾品などは自分で処分する必要があります。供養料の金額はダンボールひと箱3000円からが目安です。

人形供養祭に参加する

各地の寺社や葬祭場、人形協会や自治体などで開催されている人形供養祭に雛人形を持ち込んで供養する方法もあります。有名なところでは、岩槻の人形供養祭や千葉の妙泉寺の人形供養祭などがあります。供養料の目安はダンボールひと箱3000円からと、寺社や葬祭場で供養するのと変わりません。

人形供養祭は年に1回~数回決まった日にちに開催されるのが一般的です。開催日が近くなってから人形を受け付けるところと、常時受付をして当日まで人形を保管してくれるところがあります。供養したいと思うタイミングに、近所で人形供養祭が開催されるとは限らないので、今すぐ供養したいという方にはあまり向いていないかもしれません。

人形供養をしているリサイクル業者に持ち込む

ここまで雛人形を供養してから処分する方法をご紹介してきましたが、雛人形の状態が良ければ買取りをしてもらうという方法もあります。人形供養を行っているリサイクルショップに雛人形を持ち込んで査定してもらいましょう。有名ブランドや有名作家の雛人形のような、希少性の高い物であれば、高値で引き取ってもらえることもあるかもしれません。

ただし、雛人形は基本的に受け継いで使われるものではないため、新品を購入する人がほとんどです。一般的な雛人形はあまり値がつかないと思っていたほうがいいでしょう。リサイクル業者の中には、有料で雛人形を引き取り、寺社などで人形供養をしてから再利用するところもあります。福祉施設や被災地、海外の貧困地域など、必要としているところで第2の役目を果たす人形も。「処分するのはもったいないので、誰かに使ってもらいたい」と考える人にとっては、リサイクルもひとつの方法です。

人形供養代行・お焚き上げ業者を利用する

寺社や人形供養祭での供養の方法、リサイクル業者に供養を依頼する方法をご紹介してきましたが、近所に人形供養を行っている場所があるか、値段はいくらかかるのか、受付時期は決まっているのかなど、かなりたくさんのことを調べる必要があります。忙しくて調べている時間がない、直接持って行く時間がないと困っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、人形供養代行サービスやお焚き上げ業者を利用するのがおすすめです。郵送で人形を送ると、代わりに提携する神社やお寺で人形を供養してもらえます。料金は箱の大きさによっても異なりますが、1箱5000円くらいからが目安のようです。人形供養が完了したら完了報告をしてくれる業者を選ぶとより安心できます。

あんしんお焚き上げは郵送で人形供養を受け付けているサービスです。郵送なので住んでいる場所に関係なく申し込みができ、受付期間を気にすることなく通年で人形供養を依頼することができます。スマホでWeb から申し込みをし、人形をダンボールに詰めたら、宅配便で送るという簡単なステップです。集荷に来てもらえば家から出ることなく手続きが完了するので、忙しくて時間が取れない方におすすめです。

雛人形は供養してお別れをしよう

役割を果たしてくれた雛人形を処分するのは、あまり気が進まないという方も多いと思います。しかし、いつまでも保管しておけないというのが現実ではないでしょうか。そんな方は寺社や葬祭場などに雛人形を持ち込んで、しっかりと供養してからお別れしましょう。「方法にはこだわらないので、なるべくラクに人形供養をしたい」という方は、郵送で供養を依頼できるお焚き上げ業者を利用してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加