その他

位牌の供養の方法とは?処分するタイミングや注意点も併せて解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「引っ越しをするので位牌を手放したい」「位牌を受け継ぐ人がいなくなったので処分したい」など、位牌の供養の仕方に困っていませんか?位牌にはご先祖様の魂が宿っているため、不要だからといってそのまま処分してはいけません。この記事では、位牌を処分してもいいケースや位牌の供養の方法について解説します。「位牌をどう処分していいかわからない」と悩んでいる方は参考にしてください。

位牌を処分していいケースとは?

位牌とは、故人の戒名や没年月日、享年などを記した木の板です。位牌にはご先祖さまの魂が宿っているので、基本的には処分をしてはいけません。ただし、以下のようなケースでは、位牌の供養を行ったあとに処分されることもあります。

白木の位牌から本位牌に作りかえる場合

白木の位牌から本位牌に作りかえたときには、白木の位牌は処分します。白木の位牌とは葬儀から四十九日までの期間に使用される仮の位牌のことです。本位牌が準備できたら不要になるので、魂を抜く儀式を行ったあとに処分します。

位牌を新しく作りかえる場合

位牌が古くなったり傷んだりして、新しく作りかえる場合には、新しい位牌に魂を入れ、魂を抜いた古い位牌を処分します。

連盟の位牌に作りかえる場合

一人の位牌から夫婦連盟の位牌に作りかえる場合なども、新しい連盟の位牌に魂を入れたら、魂を抜いた古い位牌は処分します。

弔い上げが終わったら

三十三回忌の弔い上げが済んだら、個人の位牌は処分するのが一般的です。位牌には個人のものと先祖代々のものがあります。仏教では三十三回忌を過ぎると誰もが極楽浄土へ行けると考えられており、三十三回忌を区切りとして弔い上げをします。弔い上げをしたあとは、先祖代々の位牌に合祀するため、個人の位牌は処分します。弔い上げについては、宗派によっては五十回忌とするところもあるので、わからない場合は菩提寺に問い合わせてみましょう。

位牌を処分する際には供養が必要

位牌が処分されるケースを4つご紹介しましたが、どのケースの場合でも、処分の際には「閉眼供養」をする必要があります。閉眼供養とは、位牌から魂を抜く儀式のことです。位牌の購入時には一般的に「開眼供養」という位牌に魂を宿らせる儀式が行われます。これによりただの板だった位牌が手をあわせる対象となるのです。別名、魂入れ(たましいいれ)やお性根入れ(おしょうねいれ)と呼ばれることもあります。

反対に、位牌を処分したい場合には、位牌から魂を抜いてただの板に戻す儀式が必要になります。閉眼供養は、「魂抜き(たましいぬき)」「お性根抜き(おしょうねぬき)」となどとも呼ばれています。閉眼供養は、菩提寺のお坊さんを自宅に呼び、お経をあげてもらうのが一般的です。

閉眼供養は法要の一種なので、お布施・お車代・お膳料などが必要になります。お布施の金額は1万円~10万円くらい、お車代は5千~1万円が目安です。閉眼供養の際には会食はしないのが一般的ですが、お膳代も用意したほうがいいとされていて、目安は5千~1万円くらいです。お布施の金額は、お寺や地域によっても幅があるので、分からないときはお寺に直接相談してみましょう。

供養を終えた位牌は処分できる

閉眼供養を終えた位牌は魂が抜けてただの物になっているので、一般ごみとして処分できます。とはいえ、なんとなくごみとして処分することに抵抗がある人も多いかもしれません。閉眼供養の法要を行った際に処分までしてくれるお寺も多いようですが、自分で処分する場合には以下のような方法があります。

お焚き上げをしてもらう

閉眼供養を終えた位牌は、お焚き上げで処分しましょう。または、小正月の1月15日ころに行われるどんど焼きに持って行くという方法もあります。お焚き上げは、感謝の気持ちで物に宿った魂を天に返す儀式です。お札やお守り、人形や遺品などはお焚き上げのみでもいいのですが、位牌のように魂を入れる儀式を行ったものに関しては、魂を抜いてからお焚き上げするのが正式な手順です。

近所にお焚き上げをしているお寺がない場合や、できるだけ手間をかけずに簡単に処分したい場合には、あんしんお焚き上げのように、郵送で手続きが完了するサービスもおすすめです。位牌ひとつのみの依頼ではコストが高くなってしまいますが、お札やお守り、遺品などと一緒にまとめて供養する場合はお得になります。

位牌を購入した仏具店で引き取ってもらう

位牌は購入した仏具店で引き取ってもらえることもあります。ただしこちらも、閉眼供養を行い魂を抜いた状態で仏具店に持ち込むようにしましょう。

自分で処分する

位牌は木でできているものが多いので、閉眼供養を終えてただの板となった位牌は、可燃ごみとして処分しても問題ありません。とはいえ、「ゴミ袋に入れて集積所に出すのは抵抗がある」という場合には、以下の方法で簡易的な供養を行ってから処分しましょう。

  1. 位牌を白い和紙や半紙でつつむ
  2. 塩で清める
  3. 感謝の気持ちを込めて袋に入れる
  4. 自治体のルールに従って処分する

位牌を処分するときの注意点

位牌を処分するときの注意点もいくつかあるので確認しておきましょう。

家族や親族の理解を得る

位牌を処分する際は、自分ひとりで勝手に決めるのではなく、家族や親族に事前に相談をして理解を得ることが大切です。特に信心深い年配の親族とはトラブルになりやすいので注意しましょう。仏壇仏具なら新しく購入することもできますが、位牌はもう一度買いなおすわけにはいきません。処分する際は慎重になる必要があります。

浄土真宗では閉眼供養を行っていない場合も

浄土真宗の教えでは、故人の魂は亡くなってすぐに成仏すると考えられているため、位牌に魂が宿るという概念がありません。そのため、浄土真宗の一部の宗派では位牌がなく、魂を宿らせるための開眼供養も行われません。つまり、処分する際に魂を抜く必要もないため、閉眼供養を行っていないお寺もあります。位牌の閉眼供養をする場合には、浄土真宗以外のお寺に依頼するか、仏具店やお焚き上げ業者などに供養を依頼しましょう。

位牌を引き継ぐ人がいなくなった場合は?

位牌を引き継ぐ家族や親族がいなくなった場合はどのようにしたらいいのでしょうか。位牌を引き継ぐ人がいない場合は、菩提寺に事情を話せば永代供養してもらえることがあります。永代供養の場合、位牌を処分することなく形を残したまま手放すことができます。お寺で代わりに故人を供養してもらえるので安心感もあります。

ただし、位牌をお焚き上げをしてもらうよりは高額になるケースが多いようです。永代供養に切り替える場合、お布施はお気持ちとして渡すものなので、金額ははっきりと決まっていないことが多いようですが、目安として10万円くらいを考えておくといいでしょう。わからない場合はお寺に直接問い合わせてみても失礼にはなりません。

永代供養にした場合でも、位牌を永久に供養してもらえるというわけではなく、三十三回忌(または五十回忌)の弔い上げを区切りにお焚き上げされるのが一般的です。

正しい方法で位牌を供養しよう

位牌はただの物ではなく、ご先祖様の魂が宿っています。処分をする前に閉眼供養を行い、魂を抜いてただの板に戻しましょう。菩提寺に依頼すると、一般的には閉眼供養の法要からお焚き上げまでまとめて依頼できる場合が多いようです。お焚き上げのみなら業者に依頼する方法もあります。のちのトラブルを防ぐためにも、位牌を処分する際には、家族や親戚に事前に確認することも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加