ぬいぐるみ

ぬいぐるみはどうやって供養する?納得してお別れする6つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもが小さいに大切にしていたぬいぐるみ。「使わなくなったので手放したいけれど、ごみとして処分するのはなんとなく心が痛む…」と悩んでいませんか?

思い入れのあるぬいぐるみは、供養してから処分することで、罪悪感なく手放すことができます。この記事では、ぬいぐるみを供養するべきかどうかの判断の基準や、ぬいぐるみを供養する6つの方法について解説します。

ぬいぐるみを処分するとき供養は必要?

「子どもが大きくなって遊ばなくなったぬいぐるみが収納スペースを占領して困っている」という方も多いのではないでしょうか。場所も取るし、ダニがついたりするのも心配ですよね。人形の場合、処分するときにはきちんと供養したほうがいいような気がしますが、動物のぬいぐるみなどを処分する場合にも供養をしたほうがいいのでしょうか?

  • 長年かわいがっていた愛着のあるぬいぐるみ
  • 故人が残した遺品のぬいぐるみ

などは供養してから処分することをおすすめします。心のモヤモヤを取り除いて、スッキリとした気持ちでお別れすることができるでしょう。

「ぬいぐるみを捨ててバチが当たったらどうしよう…」というような不安な気持ちがある場合にも、供養してから手放しましょう。

供養の方法は、神社やお寺に持ち込んで依頼するだけでなく、郵送で依頼する方法もあります。自分で簡易的に供養するという選択肢もあるので、自分が納得して手放せる方法を選びましょう。

ぬいぐるみを供養する6つ方法

では実際に、ぬいぐるみを供養する6つの方法について解説していきます。

自分で供養する

「なんとなくぬいぐるみを捨てにくい、けれども神社やお寺で供養するほどではない」という方は、自分で簡易的に供養をしてから処分する方法がおすすめです。自分の家の庭で燃やすことは禁止されているので、供養が終わったら家庭ごみとして処分しましょう。

自治体によってごみ出しのルールは異なりますが、ぬいぐるみは可燃ごみとして捨てられるところが多いようです。供養は以下の手順で行います。

  1. ぬいぐるみの汚れやほこりを落とす
  2. 白い布や白い紙で包む
  3. 感謝の気持ちを込めて塩を振りかける
  4. ごみ袋に入れる

ごみ袋に入れるときは、ほかの家庭ごみと一緒にせずに、ぬいぐるみのみ単独の袋に入れましょう。この方法ならお金をかけることなく、ぬいぐるみに感謝の気持ちを伝えて供養することが可能です。

神社やお寺に直接持ち込む

簡易的な供養ではなくしっかり供養をしてほしいという方は、近くの神社やお寺に持ち込んで供養してもらいましょう。人形供養を行っている寺社であれば、ぬいぐるみの供養も受け付けている場合が多いです。神社やお寺での人形供養はポピュラーなので、受け付けている寺社は全国各地にあります。

ただし、すべての寺社で受け付けているわけではないので、事前にぬいぐるみ供養を受け付けているかどうか問い合わせてみましょう。

ぬいぐるみや人形の供養は、通年で受け付けている寺社もあれば、年1回の人形供養祭の時期のみ受け付けている寺社もあります。事前連絡なしで持ち込むのではなく、事前に対応可否や費用、流れなどについて電話で確認してから持ち込むんだほうが確実です。

供養料はダンボール1箱3千円くらいのところが多く、まとめてお願いするのが一般的なようですが、中には「1体500円」など単品で受け付けている寺社もあります。

神社やお寺ではお経をあげて供養したあとにお焚き上げをするところと、産業廃棄物として処分するところがあります。ある程度ぬいぐるみや人形が溜まってからまとめて供養するケースが多く、供養に立ちあえるかどうかは寺社によって異なります。この辺の供養の詳細も、気になるようであれば前もって確認しておきましょう。

神社やお寺に郵送する

持って行けるような近所にぬいぐるみ供養を行っている神社やお寺がなければ、郵送でぬいぐるみ供養を受け付けている寺社に依頼する方法もあります。ぬいぐるみをダンボールに詰めて送ると供養してくれる寺社も増えているようです。供養料の目安はダンボール1箱3千円くらいからで、プラス送料がかかります。

ぬいぐるみと一緒に供養料も入れて送るように指示する寺社も少なくありませんが、宅配便で現金を贈ることは基本的にはNGとされています。事故やトラブルが起きたときに保証してもらえないので、口座入金や伝票振込ができる寺社を選んだほうがいいでしょう。

葬祭場やセレモニーホールで供養してもらう

人形やぬいぐるみの供養は、神社やお寺でないと受け付けていないと思っている方も多いかもしれませんが、実は葬祭場やセレモニーホールでも受け付けているところがあります。供養料の相場は、神社やお寺と変わらずダンボール1箱3千円くらいです。

葬祭場やセレモニーホールでは、ぬいぐるみや人形がある程度溜まったらまとめて供養し、産業廃棄物として処分するケースが多いようです。陶器のぬいぐるみや金属のパーツが付いたものは供養料が高くつくこともあり得るので、前もって確認しておきましょう。

ぬいぐるみ供養をしてくれるリサイクル業者に依頼する

ここまでぬいぐるみの供養を行ってから処分する方法をご紹介してきましたが、ぬいぐるみの状態が良ければ、リサイクルショップに持ち込んで再利用してもらうのもひとつの方法です。リサイクルショップの中には、寺社などで代わりにぬいぐるみの供養を行い、その後再利用してくれるところもあります。

「ものを大切にしたい」「誰かの役に立ちたい」という方は、ぬいぐるみに第二の人生を送ってもらってはいかがでしょうか。福祉施設や被災地、発展途上国など、人形を必要としている場所で役立ててもらえるかもしれません。

リサイクルショップに供養を依頼する場合、供養料を支払ってぬいぐるみを引き取ってもらうのが一般的ですが、希少なぬいぐるみや新品のぬいぐるみだった場合には、買い取ってもらえる可能性もあります。

お焚き上げ業者に依頼する

寺社や葬祭場などにぬいぐるみ供養を依頼する方法をご紹介しましたが、最近は環境への影響を考慮し、供養したあと産業廃棄物として処分されることが多いのが実情です。「ごみとして処分することに抵抗があるので、燃やして処分してもらいたい」という方は、お焚き上げ業者を利用しましょう。

お焚き上げには「モノに宿る魂に感謝を込めて天に送る」という意味があります。長年連れ添ったぬいぐるみや大切な人の遺品のぬいぐるみなど、特に思い入れのあるものはお焚き上げで供養するのがおすすめです。

あんしんお焚き上げでは、神主が丁寧にお祓いをして魂を供養し、感謝を込めて浄火で天に返します。お焚き上げが完了したら、何月何日に完了したか、報告してもらえるのも安心です。丁寧に供養してもらえますが、手続きはとても簡単で、スマホからオンラインで申し込みできます。ぬいぐるみをダンボールに詰めたら宅配業者に引き取りに来てもらえば、家から出ることなく手続き完了です。近所の寺社を調べたり、持って行ったりという手間や時間をかけなくてすむので、忙しい方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

しっかり供養してぬいぐるみとお別れしよう

ぬいぐるみは神社や葬祭場、供養代行業者などで供養することができます。近くに持ち込める場所がなければ郵送で受け付けているところを利用しましょう。忙しくて近くの寺社を調べる時間がないという方は、あんしんお焚き上げがおすすめです。全国どこからでも簡単にぬいぐるみを送って供養してもらうことができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加