ぬいぐるみ

古いお札はどうやって処分する?処分の方法やタイミングについて解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神社やお寺で頂いた木札や紙札などの古いお札を、どうやって処分すればいいかわからず困っていませんか?役目を果たしてくれた古いお札は、ごみとして捨てるのではなく、正しい方法で処分をしましょう。この記事では古いお札の処分方法や処分のタイミングについて解説します。どうしていいかわからず、自宅に古いお札が溜まっているという方は参考にしてください。

古いお札の処分のタイミング

お札は神社やお寺で頂いてから1年経ったら処分をしましょう。お札やお守りには、持ち主の代わりに災厄を引き受けてくれるという役割があります。そしてその効力は1年とされています。1年経過したらお礼参りに行き、その際お札を返納するのが一般的です。

例外として、合格祈願や安産祈願で頂いたお札は、願いごとや目標が成就した時点で処分をしましょう。厄払いのお札の場合は厄年が終わったタイミングで処分します。なかなかお礼参りに行けないからといって、お札を何年も放置するのはあまり好ましくないとされています。1年、もしくは願いが成就したお札は、次項で紹介する方法で早めに処分しましょう。

古いお札の処分の方法

古いお札を供養して処分するための方法は5つあります。

頂いた神社やお寺に行って返納する

古いお札は、基本的には頂いたお寺や神社にお返ししにいくのが正しいマナーとされています。1年間が無事に過ごせたこと、願いが叶ったことに感謝の気持ちを込めてお礼参りをし、その際お札を返納します。たとえ願いが叶わなかったとしても、お礼参りは必要です。粗末に扱ったりせず、感謝の気持ちでお返ししましょう。

神社やお寺では、お札を供養し、魂を抜いた状態で処分します。お焚き上げを行うところと産業廃棄物として処分するところがあるようです。大きな寺社では「納札所」「古札所」と書かれた専用のお堂があることが多いので、その建物にお札を持っていきましょう。お札は無料で返納できる寺社と「納め料」が必要な寺社があります。納め料の目安はは500~1000円くらいが目安です。

頂いた神社やお寺に郵送する

古いお札は、基本的には頂いた神社やお寺に返納するのがルールですが、旅行先で頂いたお札や引っ越しをした場合などは、頂いた寺社に返納できない場合もあります。その際には、返納を郵送で受け付けてもらえないか確認してみましょう。寺社によっては、お札を封筒に入れて郵送すれば、返納を受け付けてくれる場合もあります。郵送する際のマナーは以下のとおりです。

  • 郵送する神社やお寺の住所を記載する
  • 宛名に「○○寺 寺務所 御中」「○○神社 社務所 御中」と記載する
  • 朱書きで「古守札在中」「お焚き上げ希望」と記載する
  • 感謝の気持ちを書いた手紙を添える
  • 現金書留でお札と同額~半額程度の金額を入れて郵送する

感謝の手紙の文面は特に決まっていませんが、直接参拝できないことのお詫びと、1年無事に過ごせたことへの感謝の気持ちを書くのがいいでしょう。

【感謝の手紙の例】
「お焚き上げをお願いしたく、お札をお送りいたします。本来であれば直接お参りしてお礼を申し上げるべきところ、郵送でのご挨拶になりますことをお許しください。おかげさまで1年を健康に過ごすことができました。誠にありがとうございました。また折をみて参拝させていただきます。」

どんど焼きでお焚き上げ

古いお札を正月のどんど焼きでお焚き上げしてもらう方法もあります。毎年小正月の1/15前後には、寺社で門松やしめ飾りなどをお焚き上げするどんと焼きが行われます。その際にお札やお守りなども一緒にお焚き上げしてもらえる寺社が多いです。

どんど焼きが行われる日にちは地域や寺社によっても異なりますが、1月の第2日曜日か月曜日に行われるのが一般的です。もし、どんと焼きの当日にお札を持ち込めない場合でも、事前にお納め所を設け、古いお札やお守りを受け付けている場合もあるので、確認してみましょう。

家庭ごみとして処分する

お札は木や紙でできているので、一般的には可燃ごみとして処分することが可能です。ただし、お札はただのモノではなく神様の代わりに祀るものなので、供養してから処分するようにしましょう。神社やお寺で供養してもらうのが理想ですが、どうしてもそれができない場合には、自分で簡易的に供養して処分するという方法もあります。

お札を白い半紙や和紙などにくるみ、塩で清めてから、感謝の気持ちを込めて袋に入れます。家庭ごみのルールに従い集積所に出しましょう。

お焚き上げ業者に依頼する

「頂いた寺社に返しに行けない」「どんど焼きの時期も過ぎてしまった」という場合には、お焚き上げ業者に供養を依頼するのもひとつの方法です。あんしんお焚き上げなら、全国どこからでも、スマホでお焚き上げの申し込みができます。

お焚き上げを行わない寺社も増えており、供養したあと産業廃棄物として処分しているところも多いなか、あんしんお焚き上げは、提携の神社でお札を燃やし、お札に宿る魂を天に返します。正月だけというイメージのあるお焚き上げですが、時期に関係なく依頼できるところがメリットです。

ただし、お札1枚のみでお焚き上げを依頼すると高くつくので、人形やお守り、遺品など、他の供養したいものと一緒に依頼するのがいいでしょう。

頂いた寺社に返納できない場合の注意点

本来は頂いた神社やお寺にお礼参りに行き、お札を返納するのが理想ですが、遠方で行けない、郵送受け付けもしていないという場合には、どのようにしたらいいのでしょうか。そのようなやむを得ない場合には、別の神社やお寺にお札を返納することも可能です。ただし、注意点があるので確認しておきましょう。

神社のお札は神社に、お寺のお札はお寺に

神社でもお寺でもお札の返納は受け付けていますが、神社で頂いたお札をお寺に、お寺で頂いたお札を神社に持っていくのは失礼にあたります。まずは神社とお寺のどちらのお札なのかを確認しましょう。お札に「○○神社」「○○宮」「○○天神」などと記載されている場合は神社で頂いたお札です。「○○寺」「○○院」「○○山」などと記載されている場合はお寺で頂いたお札です。

同じ宗派の寺社に返納する

お寺で頂いたお札は神社ではなくお寺に返納するのがマナーですが、お寺の場合、別の宗派の神社に持ち込むのも失礼にあたります。頂いたお寺と同じ宗派のお寺に持ち込みましょう。お寺は以下のような宗派があります。

  • 真言宗
  • 天台宗
  • 日蓮宗
  • 浄土宗
  • 浄土真宗
  • 臨済宗
  • 曹洞宗

お寺の中には、「他の寺社のお札でも受け付けOK」というところもあるので、どうしても同じ宗派のお寺に返すのが難しい場合には問い合わせてみるといいでしょう。神社にも宗派がありますが、お札を発行しているのは同じ宗派の神社なので、あまり気にする必要はないでしょう。

古いお札は正しい方法で処分しよう

古いお札をいつまでも放置しておくのはあまり好ましくないとされています。お札を頂いてから1年経過したら、または願いが成就したら、頂いた寺社に返納しましょう。基本的には頂いた神社やお寺にお礼参りに行き、お札を返納するのがマナーです。ただし、どうしても同じ寺社に返しに行けない場合には、郵送したり同じ宗派の他の寺社に返納するという方法もあります。もし、なるべく手間や時間をかけずに、ラクに処分したいという場合には、郵送で手続きが完了する郵送のお焚き上げサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加