人形供養・処分

大阪府にある人形を供養できる場所はどこ?自宅で供養する方法も合わせて紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府にお住まいで、人形を供養したい方はいますか?供養したくても、お寺や神社が沢山あってどこに頼めば良いのか分からないですよね。「探し続けてたら、1日経ってしまった…」なんて経験をした方も多いのではないでしょうか。そんな悩みを解決すべくこの記事では、人形が供養できるおすすめの神社や自分で供養する方法を紹介します。

人形に供養は必要?

結論から言うと、人形に対して供養はとても重要です。人形は長年使っていると、魂が宿るといわれています。その魂を粗末に扱ってしまうのは、大変失礼に当たります。今までお世話になった人形に、感謝の気持ちを行動で表すためにも供養はおすすめです。

人形供養ができたきっかけは、子供を授かったお礼に人形を納めて供養していたことからきています。現在は、感謝の気持ちを伝える儀式なので、少し意味合いは変わってきているようです。

供養をするならば、設備が整っている施設を選ぶのがおすすめです。以下で大阪でおすすめの供養をしてくれる場所を紹介します。

大阪府で人形供養をしてくれる場所7つ

ここからは大阪府で人形供養をしてくれる場所を7つ紹介します。人形供養の必要性が理解できても、どこに依頼すれば良いのか分からないですよね。以下で、特徴や注意点を交えながら紹介します。

淀川家族葬ホール

淀川家族葬ホールは普段はお葬式会場として使われています。遺品整理士の資格も取っているので、預けた人形は大切に、確実に供養してもらうことが可能。また、働いているスタッフは経験のあるプロのみで構成されています。電話での問い合わせをする際も正確に対応してもらえます。利用手順は以下の通りです。

  1. 人形を箱に詰める
  2. 淀川家族葬ホールに郵送する
  3. 淀川家族葬ホールに供養料を振り込む
  4. 供養終了の報告書をもらう

淀川家族葬ホールに郵送する場合は事前に連絡する必要はありません。持ち込みの場合は3時間前までに電話予約が必要なので、注意しましょう。供養料は1箱3,000円です。箱の大きさは制限がありません。たくさんの人形をまとめて供養してもらいたい方におすすめです。

和宗総本山 四天王寺

和宗総本山 四天王寺推古天皇元年に建立されました。1400年以上も歴史があるお寺です。台風などにより境内全域が被害を受けてしまうこともありましたが、現在では創建当時の様式をキレイな姿で再現しています。

和宗総本山 四天王寺では人形供養はいつでも受け付けているわけではありません。11月の第2週の土曜日に人形供養が開催されています。なので、普段は持っていっても受け付けてもらえないので注意しましょう。

納める金額は3,000円。これは数個程度の料金です。そのため、たくさんの人形を供養してもらいたい場合には、更に料金がかかることがあるので注意しましょう。依頼方法は9:00〜14:00の間に亀井堂の東側特設テントに持ち込めばOKです。

大阪天満宮

大阪天満宮は白雉元年、孝徳天皇が作った神社です。大東亜戦争もあり、本堂が焼け落ちてしまう危機もありましたが、今でも無事にご本堂が建っています。これは、亡くなった方々が「焼いたらあかん」という思いで守ってくれたという説もあります。

大阪天満宮も毎日人形供養を受け入れてくれるわけではありません。人形祭が5月の第3週に行われるので、そこで供養してもらいます。時間は9:00〜15:00まで。郵送は受け付けていません。そして、供養料は3,000円程度かかります。

大阪天満宮に人形供養してもらうメリットとしては神事を見れることです。人形たちの最後の姿を近くで見ることができます。大切な人形の最後の姿を見守りたい方におすすめです。

大阪 佛道寺

大阪 佛道寺は気功施術を得意としている住職が運営しています。運気が下がっている方などが利用することが多いです。しかし、魂などが見える方なので、人形も丁寧に供養してくれます。

供養は毎日受け入れてくれます。郵送の場合は、予約不要です。人形を持ち込む場合には前もって予約をしておきましょう。料金はサイズによって違います。

  • 3辺合計160cmまで:5,000円
  • 3辺合計140cmまで:4,000円
  • 3辺合計120cmまで:3,000円
  • 3辺合計100cmまで:2,000円(郵送限定料金)

依頼する際にはガラスケースから取り外して持っていくようにしましょう。また、供養のときには名前・住所・生年月日が必要なので、郵送の場合には手紙に書いて入れておきましょう。

正覚山 福成寺

正覚山 福成寺室町時代に円誉堯淳上人によって作られました。境内は段差がなくとても歩きやすい作りです。人形供養だけではなく、遺品供養や水子供養もおこなってくれるのでほかにも供養してほしいものがある方におすすめ。

人形供養は毎日おこなっています。郵送・持ち込みどちらも可。ただし、事前に予約が必要なので注意しましょう。お布施の目安は3,000円〜です。サイズや大きさによって追加料金がかかることもあります。

ガラスケースは供養してもらうことができないので、外してから引き渡すようにしてください。

西国二十三番札所 勝尾寺

西国二十三番札所 勝尾寺は奈良末期から歴史があるお寺です。設備が非常に充実しているのがポイント。休憩できる茶屋があったり、鯉とのふれあいができる場所など。お寺以外にも楽しめる場所があります。

人形供養は5,000円でやってもらえます。申し込みは不要で、そのまま持っていっても供養してもらうことが可能。1日で供養してもらえるタイミングは以下です。

  • 9:10
  • 10:30
  • 11:50(18日のみ11:20)
  • 13:10
  • 14:30
  • 15:50
  • 17:10(日・祝日のみ)

上記の時間に間に合うように持っていきましょう。

宅配でお焚きあげができる業者に依頼する

自宅にいながらもお焚き上げできるサービスもあります。手軽に利用できて手間も省けるので、時間があまり無い方にもおすすめの方法です。利用手順は以下の通りです。

  1. キットを購入する
  2. 物を詰める
  3. 宅配便に集荷依頼する
  4. お焚き上げしてもらう
  5. 報告してもらう

供養料金は購入するキットによって変わってきます。大阪府だけでなく、全国どこでも利用できるのは嬉しいポイントです。おすすめの宅配お焚き上げサービスはあんしんお焚き上げです。手間と費用をできる限り少なくしたシステムで、依頼者の負担を少なくしています。

自宅で人形供養する方法もある

自宅で人形供養する方法もあります。最後も自分の手で供養してあげたい方や費用をできるだけ安く納めたい方におすすめです。以下では、供養手順と注意点を紹介します。

  1. 供養で使う部屋と人形をキレイにする
  2. 白い布に供養する人形を置く
  3. 塩を振る
  4. ありがとうの気持ちを伝える
  5. 人形を布で包む
  6. ゴミ袋に入れて指定日に捨てる

人形は種類や地域によって、分別が違います。自治体に問い合わせてから捨てるようにしましょう。また、ゴミ袋は生活ゴミと一緒にしてはいけません。生活ゴミと一緒にすると人形が汚れてしまいます。できるだけキレイな状態で最後を迎えられるように生活ゴミとは別の袋に入れて処分してあげましょう。

大阪府で人形を供養して感謝の気持を伝えよう!

今回は大阪府で人形供養をしてもらえる場所について解説しました。人形供養は、感謝の気持を伝えるためにも大切なことです。しっかりやってあげましょう。供養を依頼する場所が分からない方は、今回紹介したところを検討してみてください。

また、自宅でも簡単に供養することができます。あまり費用をかけたくない方や依頼している時間がない方は自宅で供養してゴミとして処分してみてください。この記事を参考に人形に最大の感謝を伝えられる場所を探しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加