神社取材

陸中一宮駒形神社インタビュー記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あんしんお焚き上げでは全国の魅力的な神社を紹介すべく、各神社にインタビューを行っています。

今回は、岩手県奥州市にある陸中一宮駒形神社にお話を伺いました。

陸中一宮駒形神社の御由緒

神社の歴史

駒形神社は今から1500年ほど前、焼石連峰の駒ケ岳山頂に祀られ、明治36年(1903年)現在地に遷座されました。

坂上田村麻呂征夷大将軍(802年頃)は、蝦夷のアテルイと無血の戦ののち、蝦夷の守護神でもあった駒形神社の神階昇格を幾度と朝廷に申し出ました。

仁寿元年(850年)、駒ケ岳山頂に社殿を建立。

貞観4年(862年)には東北地方で最高階位の神格を得ます。

延長5年(927年)延喜式神明帳に記載され『式内社』の1つとなりました。

平泉に栄華を築いた奥州藤原氏も、田村麻呂公や源頼義・義家公の武運祈願成就に習い、駒形さまを尊崇しました。

明治4年(1871年)に國幣小社となり、水沢県庁近くに鎮座していた鹽竈神社(現社殿)を仮遙拝所とし、明治36年5月3日、駒ケ岳山頂より現在地へご遷座申し上げました。

御祭神について

天照大御神(あまてらすおおみかみ)、天常立尊(あめのとこたちのみこと)、国狭槌尊(くにのさづちのみこと)、吾勝尊(あかつのみこと)、置瀬尊(おきせのみこと)、彦火尊(ひこほのみこと)の六柱の神様を総称して、駒形大神(こまがたのおおかみ)とよんでいます。

あまてらすさまから子、孫、曽孫の四世代神と宇宙を司るあめのとこたちさま、地球を司るくにのさづちさまをお祀りする珍しい神社といわれます。

御神徳、ご利益について

駒形神社:産業開発、交通安全、必勝祈願、方位除け、家内安全
鹽竈神社(境内社):武芸上達、成績向上、受験合格
山神社(境内社):商売繁昌、安産祈願
水沢招魂社(境内社):家内安全、国土安寧
縁美須神社(境内社):良縁祈願、厄除祈願、商売繁昌

陸中一宮駒形神社について

境内の見どころについて

境内と隣接する水沢公園にはエドヒガン系の桜群があり、岩手県の天然記念物になっており、春の桜の時期には、多くの方が観桜に訪れ、にぎわいます。

境内にある樹齢500年と言われる『長寿桜』は、幹回りの大きさに圧倒されます。

一本の根本から2つの幹が伸びている『夫婦杉』は、夫婦で幹に手を当てて夫婦円満のご利益を願う方々がたくさんおります。

財力アップのご利益があるとされる『七宝 しゃこ貝』は、見た目よりもとても重く、沿岸部からここまで運ばれてきました。

なぞの多いお宝です。

財宝が埋蔵されていたといわれる『塩炊き釜』は、座敷童が遠野から大船渡へ移り住んだころのお話で、大船渡地方で長者となった者が、七つの塩炊き釜に財宝を入れ、埋めたもののうちの四つが神社に奉納されたものです。

残りの三つは未だ発見されていません。

お守りや御朱印などについて

おまもり:うまく形になる御守
(駒が馬と句に分けてみると、うまくと読めるので、そのようなお守りが誕生しました。
皆さまの願いごとがうまく形になるようお祈りしております。)

おまもり:願掛けうま
(馬の形をした置物で、おうまさんの体中に願いごとを書くことができます。
絵馬の立体版です。)

おまもり:金の馬守り
(キーホルダータイプで、馬の形が型抜きされており、前へ飛び出します。
皆さまが一歩でも前に進めますようお祈りしております。)

御朱印:馬の印
(「陸中一宮」の印の他におうまさんの印を押印しております。)

行事について

毎年5月3日
子供騎馬武者行列:鎧兜に身を包んだ子どもたちが勇壮な姿で馬にまたがり、まち中を練り歩きます。

7月~8月
御結縁風鈴納涼祭:短冊に願いを書いてご奉納いただいた風鈴を境内にお飾りし、祈願の成就を願います。
夏の間、境内に爽やかな音色が響き渡ります。

6月30日、12月30日
大祓式(夏越と年越):日の長さが変わり始める時期に、生活のリズムを整え、清らかな気持ちを持ち続けるためにおこなっております。
神門前で祭儀がおこなわれ、多くの方々が参列されます。

地域社会との繋がり

青少年の育成等に力を入れています。

・奉納武道大会(剣道・柔道・弓道・相撲の大会)や文墨祭(書道や絵画のコンクール)をおこなっています。
・夏休み期間には、寺子屋事業を奥州市内の社寺教会でおこなっています。
・奉納芸能など、地域の伝統文化の継承に力を入れています。
・地域の心の拠り所として、各種相談等に応じています。

今後もっと参拝に来てほしい人はどのような人でしょうか?

日本人の心を取り戻したい方や自分は何者なのかに悩める方は参拝してほしいと思います。

また、日頃の感謝を誰にすればよいのか分からないときも、全てを代表して駒形神社に感謝の気持ちを顕すことも、良いのではないでしょうか。

結婚される方、お子さんを授かった方、お子さんが誕生した方、厄年や八方塞がりなどに当たる方、車を購入された方、事業の継続を願う方、必勝を願う方もお願いや感謝の念を併せてお祈りいただければ、願い事が叶うという希望と共にご自身の心も満たされるのではないかと思います。

読者へのメッセージをお願いいたします。

日本人の精神のよりどころへ、ぜひご参拝や昇殿してご祈祷いただければ幸甚に存じます。

陸中一宮駒形神社の基本情報

住所

岩手県奥州市水沢中上野町1-83(水沢公園内)

公式HP

http://komagata.iwate.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加