その他

お財布を供養する方法は?名古屋でおすすめの供養場所も2ヶ所紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一日に何度も手にするお財布。古くなったからといって、そのまま捨てることに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

特にお財布はお金を管理する場所、つまり、金運を左右する場所でもあるので、ゴミ箱に入れてしまうのはあまり気分の良いものではありません。

お財布の処分方法と供養の方法、また、名古屋でおすすめの供養場所について解説します。金運をアップする新しいお財布の迎え方についても説明しますので、ぜひご覧ください。

古くなったお財布はどう処分する?

実は、金運の面から見ても、お財布を捨てる行為自体はNGではありません。汚くなってしまったお財布にお金を入れることは「お金を大切にしていない行為」に当たるので、大切なお金は美しく居心地の良いお財布にしまうようにしたいものです。

また、縫い目がほつれているお財布や穴が開いてしまったものはお金を落としてしまう可能性もあり、金運どころではありません。お金を大切にするためにも、そして、お金をなくさないためにも、お財布は定期的に新しいものに換えましょう。

もう使わなくなったお財布は、感謝の気持ちが伝わる方法で処分したいものです。おすすめの方法をいくつか紹介します。

白い紙に包んで捨てる

お財布が古くなったら捨てることは仕方のないことですが、ゴミ箱の中で他の不要物やホコリなどと触れてしまうことは避けたいです。

そのような時は、清めの効果を期待できる白い紙に包み、感謝を伝えてからゴミ箱に入れてください。白い紙は何でも構いませんが、やわらかくお財布をくるむことができる半紙がおすすめです。

半紙がない場合はコピー用紙などでくるみ、お財布にゴミが付着しないようにしましょう。

リサイクルショップやネットオークションで売る

どんなものでも無駄にしないでお金に換える姿勢は、金運を引き寄せるためにも大切です。リサイクルショップやネットオークションでお財布を売ってみてはいかがでしょうか。

ブランド物なら意外な高値で買い取ってもらえることもあるでしょう。ただし、あまりにも状態が悪いお財布やノンブランドのものは、売れない可能性もあります。

リサイクルショップや質屋で売る場合は、できれば2件以上で見積もってもらいましょう。少しでも高値で買い取ってもらうために、お財布の表面や内側の汚れを取り、購入したときの箱に入れてからお店に持ち込んでください。

お財布供養をしてくれる神社やお寺に持って行く

丁寧に使ったものや長い間一緒に時間を過ごしたものには「付喪神」が宿ると言われています。大切に使ってきたお財布にも、付喪神が宿っているかもしれません。

お財布供養をしている神社やお寺に持って行き、祈祷してもらってから手放すのはいかがでしょうか。

普段からよく行く神社・お寺がある方は、お財布の供養をできないか相談してみましょう。また、寺社によっては郵送でお財布を受け付けていることもあります。

名古屋でおすすめのお財布供養をしている神社・お寺

名古屋でお財布供養を実施している神社やお寺を紹介します。

お近くの方はもちろんのこと、名古屋方面に観光などでお出かけの予定がある方も、ぜひ立ち寄ってみてください。

山田天満宮

名古屋三大天神の1つ、山田天満宮の境内には、金運アップのお祈りができる「金神社(こがねじんじゃ)」やお持ちの財宝を洗うと福徳利益を得られる「黄金洗い(こがねあらい、銭洗いとも呼ぶ)」があり、お金に縁のある生活を送りたい方から人気を集めています。

黄金洗いの隣には「財布納め所」がありますので、社務所で祈祷料を支払ってから納めてください。なお、祈祷料は1つあたり5,000円ですが、複数のお財布を納める場合は社務所で申告しましょう。

住所:〒462-0813 愛知県名古屋市北区山田町3-25
お財布供養受付時間:毎日9:00~17:00
供養費用:5,000円

古いお財布を納めたら、ぜひ黄金洗いをしたお金を新しいお財布に入れましょう。黄金洗いの手順は以下の通りです。

なお、ザルは据え付けられていますが、ナイロン袋はありません。必ず持参するようにしてください。

<黄金洗いの作法>

  1. 数万円を濡れないようにナイロン袋に入れる
  2. ナイロン袋を据え付けのザルに置く
  3. 大黒様とえびす様に水をかけ、流れた水でザル内のナイロン袋に入ったお金を洗う

妙行寺

明行寺では、毎年3月12日にお財布供養を実施しています。持ち込みだけでなく郵送でも受け付けているので、遠くにお住まいの方も供養してもらうことができます。

街の中心部にあり、名古屋市営地下鉄東山線・岩塚駅から徒歩4分ほどの便利なロケーションで、公共交通機関でも気軽に行けるお寺です。

住所:〒453-0836愛知県名古屋市中村区五反城町3-10
お財布供養受付時間:要問合せ
供養費用:3,000円

金運アップ!新しいお財布を迎え入れる方法

新しいお財布は金運アップが叶う方法で迎え入れたいもの。

おすすめの方法をいくつか紹介するので、ぜひ試してみてください。

吉日に使い始める

何事もうまくいくとされる大安に、お財布を使い始めるのはいかがでしょうか。おおよそ6日に1回は訪れるので、今すぐお財布を新調したい方にもおすすめです。

また、新しいことを始めるのに良いとされる一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)に使い始めるのもおすすめです。一粒万倍日は1ヶ月に4~6回ほどあるので、大安と一粒万倍日が重なった時ならさらに開運効果を期待できます。

使い始める前にお財布を寝かせる

まっさらなお財布には、お金の記憶がありません。お財布がお金を知らないままで使い始めると「お金がない状態が普通」だと思い、せっかくお財布にお金が入っても、すぐにいつもの状態(=お金がない状態)に戻ろうとしてしまいます。

このようなお財布を使っていると、どんなに収入があっても出ていく一方です。まずはお財布に「お金の記憶」を植え付けること、つまり、「お金がある状態が普通」だと思い込ませることから始めましょう。

お財布にお金の記憶を植え付ける方法は簡単です。使い始める前に、たとえば帯付きの100万円を何日か入れて自宅に寝かせておくだけでも「お金がある状態が普通」だと思い込ませることができます。

折財布や薄手の財布などは、札入れに100万円が入らないかもしれません。そのような場合は、10万円程度の無理なく入る程度のお金を入れてください。

まとまったお金を用意できない方は、上下のみ本物の1万円札にして残りは普通の紙でも構いません。とにかくお財布にたくさん紙幣が入っている状態が普通だと記憶させましょう。

神社などの縁起物をお財布に入れる

神社などでは、1㎝ほどの小さな陶器やプラスチックでできた「縁起物」を授与していることがあります。一般的なのはカエルで、出ていったお金が返ってくるという意味が含まれています。

他にも、「お金の苦労をしない」という意味を持つフクロウや「商売繁盛」を意味する招き猫、またご自身の干支の縁起物などをお財布に入れてみてはいかがでしょうか。

なお、縁起物は、おみくじなどに入っていることもあります。いずれにしても縁起が良くなるものですので、小銭入れに入れて、時々はきれいに磨いて大切に扱いましょう。

神社やお寺で授与している「金運お守り」をカードケースなどに入れるのもおすすめです。気に入った縁起物やお守りを入れれば、さらに金運アップを期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加