その他

お財布はどう供養する?大阪でおすすめの供養場所も3ヶ所紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日お世話になったお財布は、古くなったからといってそのまま捨ててしまうことはおすすめできません。

お金に縁のある生活を送るためにも、お財布を供養してみてはいかがでしょうか。この記事ではお財布の供養方法と、大阪でおすすめの供養場所について解説します。

お財布を捨てるのはNG?

お財布を捨てる行為自体はNGではありません。

どんなものでも古くなるので、いつかは寿命がきてしまいます。また、お財布は皮や布を縫い合わせてできていることが多いため、縫い合わせている糸がほつれてしまうとお金やクレジットカードを落とすことになり、お財布としての機能を果たさなくなります。

お財布を捨てるのはOK!ただし感謝を込めて捨てよう

お財布が古くなったら捨てることは当然のことです。しかし、今まで大切に使っていたものをそのままゴミ箱に捨てることには抵抗を感じてしまうでしょう。

もう使えなくなったお財布は、感謝の気持ちが伝わる形で処分をしてみてはいかがでしょうか。

たとえば風水的にはお金は水と親しいとされているため、水場の近くや雨の日に捨てることができます。また、清めの効果がある白い紙にお財布を包んで捨てることも、おすすめの破棄方法です。

いずれにしても、「今までありがとうございました」とお財布に感謝を述べ、丁寧に捨てるようにしましょう。

買取りサービスを利用する

まだ使えそうなときは、質屋やリサイクルセンターなどの買取りサービスに依頼することもできます。

不用品として捨ててしまうよりも少しでもお金に変えることで、「ものを最後まで大切に使った」という達成感も得られるでしょう。

ただし、あまりにも状態が悪いお財布や、状態が良くてもノンブランドの場合は、買い取ってもらえないこともあります。

お財布の供養をしてくれる神社もある

神社やお寺などでお財布を供養してもらってから捨てるという方法もあります。

金運と縁が深いえびすさんや弁財天(弁天さん)、水の神様、白蛇などを祀っている神社などに行ってみてはいかがでしょうか。

郵送で供養を受け付けているところなら、お住まいの近くに適した神社・お寺がない方も利用できます。

感謝の気持ちを伝えるならお財布供養がおすすめ!手順を紹介

お財布への感謝の気持ちを伝えるなら、やはりお財布供養(お焚き上げ)がおすすめです。

一般的な手順を紹介します。

直接お寺や神社に持って行く場合

お財布供養をしている神社やお寺に、直接、お財布を持って行って供養をしてもらうこともできます。

予約する必要はありませんが、社務所にお財布を預ける場合も多いので、社務所が開いている時間を事前に調べておきましょう。

なお、神社やお寺によっても異なりますが、月に1回~年に1回程度の頻度でお焚き上げや供養(祈祷)をしていることが一般的です。受付期間が決まっていることもあるので、事前に電話をかけて相談してください。

また、祈祷料や供養料がかかることも多いです。いくらくらい包むのかについても、電話で尋ねておきましょう。

郵送の場合

お財布を郵送し、供養してもらえる神社やお寺もあります。この場合も供養料や祈祷料がかかることが一般的なので、いきなり送り付けるのではなく、費用や送付方法についてかならず問い合わせてください。

供養のお布施は振込みで支払うことが一般的です。神社やお寺にもよりますが、1,000~3,000円が相場です。供養が終わった後に、供養証明書を送付してもらえることもあります。

ただし、送付すると、後で返却してもらうことはできません。お財布の中に大切なものが入っていないか確認してから送るように注意してください。

大阪でお財布供養をしている神社・お寺

大阪でお財布供養をしている神社・お寺を紹介します。

なお、神社やお寺の中には「お財布の供養をするとは大々的に言ってはいないが、依頼を受けたら供養や祈祷をする」というところも多いので、今回、紹介していない寺社でもお財布供養をしてもらうことが可能です。

紹介した神社・お寺が遠い場合は、いつもお参りしている寺社に尋ねてみてはいかがでしょうか。

住吉大社

全国の住吉神社の総本山・住吉大社では、お財布の供養も受け付けています。1800年を超える歴史を持つ由緒ある住吉大社で、今まで使ってきたお財布を供養してみてはいかがでしょうか。

本殿の向かって左側にある祈祷受付で相談してください。祈祷後には、「おしるし」をいただくこともできます。

住所:大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
お財布供養受付:毎日9:00~16:00

願いの宮

JR森ノ宮駅から歩いて3分の好立地にある願いの宮では、古くなったお財布の供養を受け付けています。

朝早くから参拝・願い取次が可能なので、通勤通学の前に立ち寄ることも可能です。

住所:大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-6-9
お財布供養受付:毎日6:00~18:00

真如寺

仏具や経典、お守りなどと一緒にお財布もお焚き上げ供養してもらえるお寺です。

お寺に行く前日までに電話連絡し、供養を希望している旨を伝えましょう。また、郵送でも受け付けているので、お寺に行くことが難しい方にもおすすめです。

住所:大阪府泉南市信達市場2154番地
お財布供養受付:毎日8:00~17:00

新しいお財布を迎え入れる作法とは?

今までお世話になったお財布を感謝を込めて供養したら、次は新しいお財布を迎え入れる準備に移っていきましょう。

今まで以上の金運を目指すためにも、ぜひ作法に則って新しいお財布を使い始めてください。

大安か一粒万倍日から使い始める

何事もうまくいくとされる大安は、新しいお財布を使い始めるにも適した日です。6日に一度は巡ってくるので、今すぐお財布を使い始めたいときにもおすすめです。

また、新しいことを始めるのに良いとされる一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)も、新しいお財布を使い始めるのに適しています。一粒万倍日は1ヶ月に4~6日ほどあるので、一粒万倍日と大安が重なった日を選ぶのも良いですね。

お財布にお金を覚えさせる

お財布が「中にお金が入っていないことが普通」だと思い込んでしまうと、お財布の持ち主も大金とは無縁になってしまいます。

使い始める前に、新しいお財布に「大金が入っている状態が普通」だと覚えこませましょう。

お金を覚えさせるのは簡単です。一般的な方法としては、お財布のお札入れのところに100万円を入れて10日ほど寝かせておくというものがあります。

折財布などの100万円を入れることが難しいお財布には、10万円でも良いので入れられるだけのお金を入れて寝かせてください。

100万円や10万円を用意できないときは、上下だけ本物の1万円札で間に98枚あるいは8枚の紙を挟んでも問題ありません。とにかくお財布に「札入れに大金が入っている状態が普通」だと覚えこませることが大切です。

縁起物を入れる

神社ではお守りと一緒に「縁起物」を授与していることがあります。縁起物とは1㎝くらいの大きさの陶器やプラスチックでできたもので、小銭入れの部分などに入れて使います。

縁起物の形には意味があり、たとえばカエルなら「出ていったお金が返ってくる」、フクロウなら「お金で苦労することがない」、的と矢なら「宝くじに当たる」、蛇なら「運気アップ」などの効果を期待できます。

小銭入れがないお財布には、神社で授与している金運守りなどのお守りをお札入れに入れるのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加