神社取材

八幡橋八幡神社インタビュー記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あんしんお焚き上げでは全国の魅力的な神社を紹介すべく、各神社にインタビューを行っています。

今回は、神奈川県横浜市磯子区にある八幡橋八幡神社にお話を伺いました。

八幡橋八幡神社の御由緒

神社の歴史

詳細は定かではありませんが、欽明天皇12年(西暦551年)以前からこの地に奉斎されていました。

八幡大神と称し瀧頭村の鎮守として、村人たちの崇敬を集めてきたそうです。

明治3年八幡川(今の堀割川)の拡幅工事・区画整理が行われ、現在の地に社殿を新築。

明治29年八幡神社に改称、大正7年社殿の営繕をおこないましたが、大正12年関東大震災により倒壊。

氏子一同により社殿・玉垣・鳥居などの復旧整備がなされ、現在に至る威容が整います。

平成30年には天皇陛下御在位30年を記念して、社殿の改修がおこなわれました。

御祭神について

主祭神 誉田別命(ほんだわけのみこと)、第15代応神天皇

相殿神 大山祇命・須佐之男命・徳川家康公

御神徳、ご利益について

八幡神は源氏を始め武士に尊崇されてきた武神であり、勝運守護、出世開運など、困難克服に大いなる導きを下される神です。

八幡橋八幡神社について

境内の見どころについて

大きな球体を載せた、昭和天皇御大典の記念碑があります。

行事について

毎年8月第一土・日曜日に例大祭が盛大に行われます(令和2年は中止)。

地域社会との繋がり

例大祭当日は、神輿の町内巡行や境内にて露店の出店、演芸会、くじ引き大会などがおこなわれ、地域の人々でにぎわいます。

今後もっと参拝に来てほしい人はどのような人でしょうか?

近隣の方々はもちろん、遠方からの参拝もお待ちしております。

読者へのメッセージをお願いいたします。

大通りに面した開けた地にありながら、境内に足を踏み入れると静けさを感じさせる緑の多い神社です。

ゆっくりと落ち着いて参拝したい方に適っていると思います。

境内に広く駐車できますので、お車でお越しいただいても結構です。

ぜひご参拝ください。

八幡橋八幡神社の基本情報

住所

神奈川県横浜市磯子区原町10番9号

公式HP

https://www.yahatabashijinja.com/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加